風が気持ちの良い季節になりました。
みなさまいかがお過ごしですか?

ローズマリーチラシ20190706

今度のローズマリーは一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパンと共催での開催です。
お二人の若年がん経験者をお招きし講演会といつものようにみんなでワイワイ交流会を行いたいと思います。
今回は、若年がん患者ご家族のみなさまやその他若年がんにご関心のある方にもご参加いただきたいと思っています。

波止場会館

日時:7月 6日(土)12:50~16:30(開場12:20)
場所:波止場会館 4階大会議室1・2
〒231-0002  神奈川県横浜市中区海岸通1-1
みなとみらい線 日本大通り駅より徒歩5分(徒歩約250m)
場所の詳細は波止場会館のホームページをご覧ください。

http://www.hatoba.jp/access.html

対象: 40歳までにがん治療を受けた患者ご本人とご家族(男女問わず)
その他若年がんにご関心のある方
会費:500円
共催:一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン

ご登壇いただく若年がん経験者のお二人のプロフィールをご紹介します!

 

岸田徹プロフィール写真2チラシ用

岸田徹氏プロフィール
がんノート代表理事
25歳、社会人2年目で胚細胞腫瘍(胎児性がん)という希少がんを罹患。3ヶ月の抗がん剤治療、2回の手術を受ける。2年半後に再発、再度手術を受け、現在は経過観察中。

自身の闘病経験から医療以外の「患者側の情報も大切だ」ということを考え、2014年からがん経験者インタ ビューWeb番組「がんノート」をスタート。“一歩踏み込んだセンシティブな患者情報”をユーモア交え発信。生放送回数は100回以上を数える。

 

あゆみさんチラシ用

 

内田スミスあゆみ氏プロフィール
会社員だった20代に、小脳血管芽腫に起因する水頭症を発症し2度の手術を受けるが、一週間後にくも膜下出血を起こし3 度目の外科手術を受け、7 ヶ月間に及ぶ闘病生活を経験。その後1年にわたるリハビリを送る。
病歴を伴っての再就職活動で苦戦。法律相談を受けながら社会復帰。同時期から患者支援活動や医療者への講演活動を開始。現在米国へ生活拠点を移し、IT関連の仕事を行いながら、医療通訳の資格を取得し、日系コミュニティの医療支援を行う。

 

 

【プログラム】
12:50 開会の言葉
13:00 講演 岸田 徹氏『AYA世代でがんを経験して』
13:30 講演 内田スミスあゆみ氏『闘病後の孤独と社会復帰について』
14:00 休憩
14:10 パネルディスカッション~若年がん(AYA世代のがん)を経験して~
座長
天野慎介氏(一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン理事長)
パネリスト
内田スミスあゆみ氏(アイギーグ代表 米国医療通訳士)
岸田 徹氏(がんノート代表理事)
倉持 忍氏(若年がん患者会ローズマリー世話人)
14:50 休憩
15:00 交流会
16:30 閉会の言葉

※ドリンクはお好みのものをご用意ください。
※ご希望者のみ二次会(夕食会)を予定しています。

【参加方法】
・事前のお申込みは不要です。
・開催時間内のご参加、ご退席は自由です。
・ボランティアによるリラクゼーションのコーナーもございますので、お気軽にお声がけください。
希望者にはハンドマッサージもいたします。

【お願い】
●交流会は原則40歳までにがんに罹患した経験のある男女ご本人に限ります。
(ご家族のご参加が多ければご家族同士で交流できるよう別のテーブルを
ご用意いたします)
●がんの種類は問いません
●会場に医師や医療者はおりませんので、体調に不安のある方は自身の責任でご参加ください。
●本人の許諾なく無断で第三者に個人情報を提供することはありません。

 

【問い合わせ先】
一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン 理事長 天野慎介
HP: http://group-nexus.jp/nexus/  email:office@group-nexus.jp
若年がん患者会 ローズマリー  世話人 倉持 忍 多和田 奈津子
HPの問い合わせフォームからお願いいたします。

【後援】
サバイバーナースの会 ぴあナース
若年がんサバイバー&ケアギバー集いの場 くまの間

ローズマリーチラシ20190706